スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日を終えて決心したこと

妻の四十九日を終え、僕は一つ決心しなければならないことがある。

それは、「仕事」のこと。

実を言うと、「仕事」は去年の10月に全てをキャンセルしてから、今にいたる4ヶ月間何もしていない。(変な言い方だが)仕事をしなかったことは本当に良かったと思っていて、妻の最後の闘病生活を完璧に一緒に(仕事に邪魔される事なく)過ごすことが出来た。

だから後悔がない。It's my pleasure.

だが、(現実的には)この4ヶ月だけでも3枚の請求書がきていたりする。それは入院・治療費用、民間療法で中国からとりよせた漢方の抗癌剤等々の費用、それに御葬式代、

あわせて500万円超になる。

幸いにも、今までの貯金、親族の援助や香典で払う事はできるが、それでも、ニコニコと屁でもなく笑って払えるほど僕は金持ちでない。だから、そろそろ、いやとっくに仕事を再開しなければならなかった。

・・・・が、しかし、である。

ずっと仕事をやる気がおきなかった。(仕事以外の)育児と家事は、どうしても必要に迫られるから、強制的にスタートせざるを得なかったのだが、こと仕事に関しては、幸か不幸か、僕は独立して仕事をやっているので、何も強制力がない。

毎日、毎日、仕事をする時間になっても、なんか昔の写真を見たり、動画を見たり、人生って何だ?って考えたり、このブログ書いたり(苦笑)と、適当にダラダラと時間を使って過ごしている。

妻が亡くなったばかりのころは、何かそうやって過ごすのが妻の供養にもなる気がしたのも事実である。だって、僕は美味しいものも食べれるのに、妻は食べれない。僕は仕事できるのに、妻はできない。僕は普通に生きているのに、妻はもういない(涙)。

だから、当然僕も何もしないほうがいい・・・みたいな。

でも、最近やっと落ち着いて冷静に考えると、たぶん妻はそんな事は望んでいないだろうと思うようになった。むしろ逆なんじゃないかと。ただ毎日をダラダラと過ごすよりも、毎日を「けじめをつけて善く生きる」、これこそが妻の望みであり、あの闘病生活から学んだことではなかったのか?と。

僕の場合、毎日を「けじめをつけて善く生きる」ためには、当然仕事が必要となってくる。いや、現実的にも仕事でお金が入ってこないことには、いつかは経済的に生活が行き詰ってしまう。

今、ちょうど妻の四十九日も終わった。少し一区切りするにはいい時期だ。だから、明日から仕事を再開しよう。がんばらなくちゃね。今日は、そんな気持ちを整理するためにも、ここに文章を書いてみました。
スポンサーサイト

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。