スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓也さんが37歳で亡くなった

巨人軍の木村拓也コーチが、一昨日、くも膜下出血で亡くなった。まだ37歳。こうやって若くして亡くなった方のニュースを聞くと他人事とは思えない。

妻が癌になった時、「余命」を意識し常に不安な気持ちで生活していたので、「癌は何て残酷なんだろう」と思っていた。でも、木村コーチのように突然逝ってしまっても、それはそれで残酷だし、家族は「その後」が大変だろうと思う。

何故なら、妻は残された最後の時間の中で、手紙も残してくれたし、(変な話だが)お葬式の相談もしたし、暗証番号やパスワード、何が家のどこにあるとか、そんな現実的で細かい話も全部することが出来たからだ。

もちろん、その時の状況を思い返すと、あまりに残酷で悲しくて、僕は涙が出てくるのだが、現実的には助かったのも事実である。

でも突然逝かれてしまったら、(もちろん家族の悲しみは大きいだろうが)本当に色んな処理が大変だろうし、悲しむ暇さえないと思う。そう考えると「癌も残酷だったが、突然無くなるのも残酷だなあ」と思う。

結局のところ、そんな若さで天に召してしまう神様が残酷であって、「神様、どうかどうか、皆が天寿を全うできるようにしてください」と祈りたくもなってくる。

しかし、現実は違う。いつ誰がどうなるかわからない。僕だって明日死ぬかもしれない。テレビでは「だから血圧を毎日測りましょう」なんて事を言っている。いや、もちろん血圧を測ることも大事だが、僕に言わせれば

「だからこそ、悔いを残してはならない」
「だからこそ、1日も無駄にしてはいけない」

そんなメッセージが届いた気がしました。
また明日から努力しなくちゃ。


木村コーチのご冥福、謹んでお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。