スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしく嬉しかった恩師からのお便り

先月、高校時代の恩師へ寒中見舞いを出したのですが、その返信のお便りが届きました。

先生とは27歳くらいの同級会を最後に、ずっと会っていない。なんだか気恥ずかしかったけど、懐かしくなって思わず(15年ぶりくらいに)電話してしまいました。

そしたら、あの懐かしい声。
一瞬、怒鳴られるのかと思った(苦笑)。

いやね、高校時代、僕(達)は、いわゆる不良でもワルでもヤンキーでもない、普通のまじめな優等生?だったけど、授業はよくサボっていた。サボって部室でだべっていると、その先生が入ってきて「何やっとるだー(怒)!」と怒鳴られて、授業に出るのがいつものパターン。

「授業に出なくても、テストで点数とりゃいいんだろ」
みたいな態度に出て、あげくの果てにテストで点取れなくて、また説教されたとか(苦笑)。

関西の修学旅行では、お寺を見学せずに勝手に遊園地行って、それがバレて旅館で正座させられたこともあった。

「先生、本当にゴメンなさい」
「ご迷惑かけました」

そんな先生と僕たちだったけど、先生は「高校教諭生活のなかで、お前たちが一番印象に残っている」と言って、高校卒業後の10年間、毎年同級会に来て頂いていた。そして、(先生の)お説教口調の話を毎年聞いた。

「いい先生だったなあ」

って今でも同級生と会うと話になる。

そんな懐かしい先生からのお便り。
(永遠に無くならないように)
例によってここに掲載させて頂きますね。

-------お便り、ここから----------------------

早々の寒中見舞状有難く、またなつかしく拝読しました。
オーストラリアでのホームステイ、ご子息達の視野の広がりに大いに役立ちましたね。大変良いことをされたこと、感服致しました。

一人で何役もの仕事をされておられることに感心しておりますが、ご子息のために無理をされず、くれぐれもご自愛下さることを祈念しております。お元気で!

草々

-------お便り、ここまで----------------------

P1020696.jpg


先生も御年80歳をこえ、ますますお元気で。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。