スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言を残したころ

今回は、まずこちらの注意点からお読みください。

12月5日の妻の一周忌が近づくと、自然と一年前のことを思い出す。

妻は、11月16日までは「まだ生きるからね。まだがんばるからね」と言っていた。それは僕が直接聞いていた。

しかし、11月25日頃になって看護師さんに「私もう疲れた。駄目かもしれない」と言いだしていたらしい。僕の耳にその話が入ったのは、ずっと後になってからのことだが、その頃に彼女は死を覚悟したのだろうか。

そして11月27日の夜。いつもの通りベッド脇で話をしていたら、ついに彼女は僕に遺言を言い始めた。

「私、もうダメだと思うの。きっと死ぬから。でもアナタの人生はまだまだ長いでしょ。ごめんね。・・・中略・・・・健康で幸せになってね。私は凄く幸せな人生だったよ」と。

中略の部分は3時間くらいあるんだけど、子供の教育のこととか、仕事のこととか、家の中のモノの置き場所とか、彼女の遺品の整理とか、色んな暗証番号パスワード、お葬式の段取りや音楽、遺影の写真、そんな実用的な話を最初にした。

やっぱり(母として妻として)
今後の実生活が心配だったんだろうなあ。

実用的な話が終わると、どちらからともなく
「今まで楽しかったね」「うん、楽しかった」
「今までの思い出話をしようか」
ということになった。

そこで、彼女がこまめにつけていた日記をとりだし、僕が読み返した。

この時、日記っていいなあと思った。もし日記がなければ忘れていることだらけだったけど、日記のおかげで、あの時のあの状況のことを克明に思い出すことができたから。

つきあい始めた頃、、新婚の頃、子供が産まれた頃、僕が会社を辞めた頃、旅行に行ったこと・・・・etc.

2人で笑って懐かしみ、泣くことができた。
遺言を残した日は、そんな情景でした。

彼女が「幸せだった」と言ってくれたことは嬉しいですが、
でもやっぱり悔しいし無念。

もっともっと幸せになれたはずなんだからね・・・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

そうでしたか。お気持ちお察しいたします。
でも、妻の病気を調べているときでも、転移があって消えた人を何人も見かけました。
治療方法もありますし、あせらずゆっくりいきましょう。
きっと大丈夫です。
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。