スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ放映、過去に戻った日

10月5日(水曜日)、
妻の闘病が再現ドラマとしてテレビ(日テレ)で放映されました。

ドラマの内容が「乳がんの妻とブログ」ということもあって、
放映直後から妻(千里&うさ子の乳がんスローライフ)やこのブログに
本当に沢山のコメントやメールを頂いています。

本来なら、まずそのお礼を書くべきなのですが、
あまりに沢山頂き(本当に嬉しい、ありがとうございます)、
かつ自分も忙しかったりで、
実はまだ全部読み切れていません。

そこで、コメントのお礼は、失礼なのですが、全部拝読した後にさせて頂くことにして、今日はテレビ放映の日の我が家の様子をお伝えしますね。

申し訳ないです。


あっ、それと、いつも気になるのですが、もし闘病中の方がいらっしゃいましたら、まずは、こちらの記事をお読み頂ければと。


さてテレビ放映の時ですが、当然ながら、
我が家は親子3人でテレビの前で鎮座して観賞となりました。

ドキドキでしたが、ドラマが始まると、
まず息子たちが声をそろえて言った言葉が印象的。それは、

「お母さん、そっくり・・・」って。

確かにそうだったのです。制作の方から「奥様の写真に似た女優を選びました」と聞いていたし、僕もこのオンエアーの前に見ていたので知ってはいたのですが、こうして改めて見ると、顔も仕草も着ているものも、何もかもが妻とそっくりで、本当に息を呑む思いでした。

だから、子供達も一気に見入ってしまった。
もちろん僕も。


そして色んなエピソード。
僕がテレビ局側に伝えたことが再現ドラマになっているわけだから、当たり前と言えば当たり前なのですが、当時の様子が本当にリアルに再現されていました。

乳房全摘の前に二人で写真を撮ったこと。
3度目の夏、再発が無くて「幸せ」と語ったこと。

緩和ケアを奨められて、泣きじゃくったこと。
普通になりたくて無理やり買い物に行ったこと。

些細なことに幸せを見つけていた毎日。
楽しかった箱根と沖縄の旅行。

そして、亡くなる直前、一緒に見た東京タワー。

全部が全部、走馬灯のように僕の記憶が蘇ってきて、そして泣けた。
でもね、泣ける半面、なんだか懐かしくて懐かしくて、うれしかったりもしてね。


そんな再現ドラマの中、ただ唯一僕の記憶に無いのが、
妻が残してくれた「生前最後の手紙」を書き残した様子。

この手紙は、妻が僕に内緒で書いていたので、僕は当時の彼女の様子は想像するしかなかったのですが、今回映像にしてもらって、

「ああ~、こんな感じだったんだろうなあ」
「辛かったろうなあ、苦しかったろうなあ」

と思いを馳せて、また号泣してしまった。

子供達の様子はというと、
長男は最後まで目に涙を浮かべ食い入るように見ていたのですが、次男は途中で裏の部屋へ。

どうしたんだろうと思って後で聞いてみると、
「俺、お母さんが死ぬとこ見たくない」とのこと。

ふっと、次男が書いた「お母さんが死んだ日の日記」のことを僕も思い出し、きっと心に何か大きな悲しみがあるのかと察し、今はそっとしておくことに。いつか、また録画したものを見ればいいよね。

あっ、でも一応言っておきますが、次男は翌日からはチョー元気です。心配なさらないでくださいね。


そんな感じで、ドラマ放送の日は、
我が家は過去に戻って昔を懐かしみ、妻を偲ぶことができました。

妻も天国で見ていてくれただろうか、と。


実は最初、「奥さんのことをドラマにしたい」という話を頂いた時、
「そんなことしていいのだろうか?」と迷ったんです。

でもね、こうして素晴らしい映像にしてもらって、
家族の宝物にもなったし、妻の生きた証にもなったし、
妻へのレクイエムにもなりました。


制作に関わった皆様、連日徹夜だったと聞いています。
本当にお疲れさまでした。
感謝しています。

ありがとうございました。


では今日はそんな感じで。
またお会いしましょう。
失礼します。


●追伸
それにしても、今回のテレビ局の制作の方々のプロ意識は勉強になりました。ちゃんとした脚本作るために、何回も会ったりメールしたり電話したり。

結果、細かいですが、例えば
妻がしていた帽子やショール、リンパ浮腫の程度、
はては箱根旅行の時の車は、我が家と同じシルバーのワンボックスカーまで揃えて頂き、「神は細部に宿る」と言いますが、本当にリアルな再現ドラマになっていました。

ありがとうございました。


●追伸2
そんなリアルな再現ドラマでしたが、僕役の男優さんはカッコよすぎました(苦笑)。
現実の僕とはギャップがありますが、でも知り合いから
「かっこよかった」と声がかかったり。
何故か、僕の株があがっているような。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。奥様とは同世代、高校生を持つ母です。
ドラマも奥様のブログも拝見いたしました。
ご主人さま、息子さんたち…愛する人とのお別れはどんなに無念だったでしょう…涙が止まりませんでした。
でも、こんなにお優しくてご立派なご主人さまに愛されて、奥様はお幸せだったと思います。
けれどそれは、奥様のお心持ちが素晴らしかったからに他なりませんね。
日々の出来事に追われ、今ある『当たり前』に感謝していない自分が恥ずかしくもなり、
自分が生かされている今を大切にしたいと思いました。

息子さんたちの健やかなご成長をお祈り致します。

息子さんへ

テレビ拝見しました。同じような体験をしたものとして、涙が止まりませんでした。

15年前、当時自分は15歳でしたが、同じく乳癌から全身への転移で母を亡くしました。テレビを見て、あまりにそっくりなエピソードにおもわずコメントさせていただきました。

僕は息子さんと同じ境遇なので、息子さんの気持ちがいたいくらいわかります。

どうか、時々奥さんのお話をして、一緒に泣いてやってください。お子さんはこれから長い年月をかけて、寂しさや悲しみを克服していきます。ときどき一緒に泣いてあげてください。そして、最後には前向きに未来に向かえるように声をかけてあげてください。

逆境はバネになります。悲しみを知ったお子さんは、きっと優しい大人になります。

僕は自分の過去や体験をバネに、今は起業家として頑張っています。

逆境はバネにすればいい。もしよければ同じ境遇の一人の一人のメッセージとして、お子さんにエールを伝えてください。

No title

テレビ拝見しました。
久しぶりにテレビで涙涙でした。
千里さんのブログも見て、とても感動させられました。
語彙が無く、月並みなことしか言えませんが、
息子さんとジョンさんが幸せになってもらいたいです。

初めまして^^

初めまして、こんばんは^^
小5の息子と中1の娘の母です。
仰天ニュースのドラマと奥さまのブログも拝見させて頂きました。
実は私の母も今闘病中で、再発も含め何度か手術をしています。
自分の置かれている環境も重ねてドラマを観ていたので、今でも思い出すと涙が出ます。
とても素敵なご家族なので絶対幸せになって欲しいと思います。
だんだん寒くなってきたので、どうか体調に気を付けて過ごして下さいね^^
お気に入り登録をさせて頂いたので、またブログを拝見しに遊びにきますね(。◠ ◡ ◠。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメント2回目です。
番組拝見致しました。

私と千里さんは同じ年、一時の母です。

みなさまがコメントされているのと同じ気持ちで、こちらのブログを拝見させていただいております。

ご家族四人、みなさまが大好き(ファン!)です。

千里さんの諦めずに前を向いていた姿勢、頑張り、素直さ、強さ、時に弱さ、かわいらしさ、そしてご家族への愛、

超えた時に千里さんの眼に映った、この世界の美しさ。

それらを教えていただき、
気づけない事を、体現されて私たちに伝えてくださりありがとうございます。

これからも拝見させていただきますね^^

はじめましてこんにちは。TVで拝見させていただいてからブログも読ませていただきました。
VTRを見た時は途中からだったのですが、5秒後には涙がとめどなく流れてとまりませんでした。
自分も2児の母で重ねたからかもしれません。
それと、人はこんなにも強く明るく最後まで生きられるのか!と感動したからです。
私事ながら千里さんのVTRを見てから変わった事がありまして、乳ガン検診は必ずうけようと(まあガン検診全般ですね)。
あと、毎日を1日で区切って今まで以上に意識して一生懸命生きるようになりました。
ありがとうございました。またブログたまに見させてもらいますね。
ご家族の幸せを陰ながら応援しています。

はじめまして

はじめまして。27歳、2児の母ゆかです。テレビ涙せずにはいられませんでした…私の母が一昨年、末期前の癌になりました。卵巣と子宮の癌で手術の日、途中で先生によばれ、『おなか全部に転移していて手術できません』と言われました…それから三週間あけて入院して抗がん剤をやり、退院するの繰り返しの日々です…余命三年くらいといわれました…髪の毛がぬけて、はきけでくるしみ、新しい抗がん剤にしたら体が拒否反応おこしたり…今年7月にいったん抗がん剤おわりましたが今月はじめのマーカーの検査で数値がたかく、今週13日からまた入院、新しい抗がん剤やることになりました。母は『抗がん剤やりたくないよ…でもやらないとすぐ死んじゃうんだよね』とつぶやきました。そして『お母さんの結婚指輪、死んだら、ゆかがもらって』と私の手をにぎりながら、泣きながらいってきました…心がはりさけそうでした…昨日から一泊で母は父と温泉にいきました☆私も一昨年、子宮けい癌になり、初期だったため、全的しゅつはせず細胞だけとりのぞきましたが、定期検診はかかせません。ただの腹痛でおなかが痛くて、おなかをさすると7歳&5歳の子供たちは『ママお腹いたいの?まだ病気なおらないの?』と心配そうにいいます。私自身の体の不安もあり、母のこともあり、最近疲れてましたが、ジョンさんの姿を見て勇気をもらいました☆ありがとうございました…私もがんばります☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうやって残せるのは
いいものだと 思います。
ジョンさん かっこよかったですよ ほんとに!!

私もかなり ドラマで
涙しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして

テレビ拝見いたしました。
本間に涙が止まりませんでした。
毎日当たり前に過ごしている生活がこんなに幸せなことなんだなって。
大きな幸せより小さな幸せのほうがずっと大切なんですよね。
これから今の一瞬を大切大切に生きていきたいと思います!

千里さん、ジョンさん、勇気をありがとうございました!!
ジョンさん本間にかっこよかった!

初めまして。私もテレビをみて ブログ読者になった一人です。こんなリアルな再現VTRをみると家族は辛いだろうな~なんて思ってましたが 懐かしく思えた部分もあったようで なんとなくほっとしました。パパだけでは大変な事もたくさんあるとおもいますが 頑張って下さい!

No title

はじめまして・・

私も奥様と同じ病に苦しむ者です。
トリプルネガティブではないのですが、2年前に骨転移、多発性肝転移を再発し、現在、ゼローダ、エンドキサンを服用しゾメタを点滴しています。

奥様の闘病生活、テレビでも拝見しました。
小さなお子様を遺して逝かれた事は無念でしたでしょうし、残念な事ではありましたが、ジョンさんの手厚い看護のお蔭で幸せに旅立たれたと思います。

私も、いつか、そうなる日が来ると思います。
家族に同じ思いをさせてしまう日が1日も遅くなるように頑張りたいと思います。

奥様はジョンさんや息子クン達を、ずーっと抱きしめてくれていますよ。

はじめまして

仰天ニュースを拝見させていただき、涙涙…
一度、千里さんのブログを拝見したいと常々思っていました。
今日、それが実現しました。
私は三人の母をしています。
二人の障がい児に健常児が一人。
今は健康で過ごしているけど、もし私が病気で死んだら残された子供達はどうなるのか…
考えただけでもぞっとします。
一日だけでも長く子供達より生きたいと。
私の話で申し訳ありません(TдT;)

今ヘルパー二級の資格取得に向かって勉強中です。
テキストは3日に届いていたのですが、開いたのは仰天ニュースの放送終了後の5日の日です。
千里さんの放送を見て、私にも何か出来ないだろうか…そんな事を思うようになりました。
病気で苦しんでる人達の心のケアを一人でも多くしたい…
そんな壮大な夢を描いてしまいました。

ジョンさん、仕事・家事・育児の両立は大変ですが、頑張って下さい。
影ながら応援しています。

















管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ピンクリボン

久しぶりに、blogにお邪魔しました。

あの放送の翌日、私の職場でも見ていた人が沢山いました。

検診を受けようって声が沢山出ていました。

今、私の勤務先で、ピンクリボン運動をしています。

奥様が教えて下さった事を胸に、
ピンクリボン運動頑張ります…

旦那様も、お子様も風邪等ひかれませんように、家事・お仕事頑張って下さい。

また、blogに訪問させていただきます

私は 看護師をしています。癌患者さんを看護させていただくことも今まで何度もありましたが、苦しむ患者さんを前に、寄り添い、話を聞いたりすることしか出来なくて 結局は何もしてあげられない自分の無力さを感じ悔しい想いをすることも多々あります。
わたしも12才と8才の男の子二人の母です。子供達の年齢がよく似ていることもあり、本当につらく悲しい気持ちでドラマを拝見させていただきました。これがもし私だったら・・・子供達とわかれるなんて想像もつかないほどの悲しみ・悔しさ・無念・・・ もっともっと大きくなるまでそばにいたい、いてやりたいという想いで胸が張り裂けそうだったでしょう。
でもそんな中、だんなさまの優しい看護に心を打たれました。看護師としても頭が下がる思いです。
どうかお体には気を付けて、御慈愛下さい。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

番組で見て、すぐ翌日お二人のブログを探しました。

友だちに、同じ病気がみつかってしまい、これから友人は手術、そして病気との闘いがはじまります。

身近なものとして、何をしていいやら、気を使いすぎて、返って負担をかけたくないし。

奥様のブログ、大変な闘病中なのに、チャーミングなお人柄がよく伝わってきました。旦那さんのブログは、VTRよりも逞しさが伝わってきました。とても、ストレートなブログで素敵です。

お二人から、ヒントを頂いて、友だちに、私らしい関わりをしていこうと、思っています。

あと、再現VTRが奥様そのままの様だったというのは、とてもよかったですね。奥様もきっと喜んでいますね!

また、ブログにお邪魔します。

お子さんの事を考えると、私も涙が出ます。。ドラマは録画して旦那に見せます!!!たくさんの愛、奥様の立派な姿、かわいいお子さん方、本当に色々と考えるきっかけになりました。ありがとうございました。

見ました

ザ世界仰天見ました。放送はきっと覚悟もいると思います。
愛する妻の苦しみを再現するなんて・・・苦しい闘病生活をまた繰り返すなんて・・・苦悩の決断だったのでは??
私は見たあと、涙が止まりませんでした。千里さんのブログも見ました。テレビよりリアルに思いが描かれていました。明るく前向きで、そしてなぜ自分が?と言う苦悩もあり。悔しさが伝わってきました。千里さんのプロフィールに必ず治ると信じています、と書いてありガンと闘う前向きさがうかがえまた泣けました。すばらしい絆の家族ですね。千里さんがどんな素敵な女性だったのか、ブログを見てわかりました。また拝見させていただきます。
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。