スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三回忌の法要

11月20日、命日の前ですが色んな都合もあって、この日に親戚が集まり妻の三回忌の法要を行ってきました。

そして納骨も。

「えっ?!」って思われるかもしれませんね。だって、一般的には納骨って四十九日直後に行われるものだから。でもね、僕はそんな「普通のしきたり」に従うことができずに、ずっと妻の納骨をしなかった。

いくら「普通はすぐに納骨する」とか言われても、
そんなに簡単に割り切れるものじゃない。

家にお骨があるだけで、何だか見守ってくれているような、そんなホッとする嬉しい気分になれたし、それに納骨するお墓には妻の知り合いが誰も入っていないんです。そんな寂しくて雪深い山の中のお墓に、妻一人やれるか、というのが僕の気持ちだった。

でもね、妻が亡くなって2年。

この件に関しては、やっぱり少しづつ気持ちが変わるもの。いくらお骨があっても何も反応がない。笑ったり、しゃべったり、ましてや生き返ってもくれない。

妻は確実に亡くなっているという実感。
当たり前なんだけどね。

いやね、こうして時が経つと、むしろ「私、そろそろお墓に行くよ。」と妻の優しい声が聞こえてくる。「うん、わかった、そうしよ。」って(全くの妄想ですけどね)、それで納骨してきました。

「さようなら」

三回忌は再び妻に別れを告げた日。いつかまた天国で会おう。それまでは子供育てて、自分なりの人生を掴むからね。

ありがとう。

今日はそんな感じです。


●追伸
いつもブログへのコメントやメールありがとうございます。
今まで出来なかったのですが、最近のものは返信してみました。
よかったら、見てくださいね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

3回忌ですか・・・ 早いような・・・ですよね
奥様は ジョンさんに そういう風に思われて本当に幸せに思っていると思いますよ^^

息子さんたちも少しでも傍に居れて良かったですよ^^ 私も母を亡くした時。。。そうしてもらえたらよかったのにとこの文章を読んで そう思いました。
二度のお別れがあるような感じがして寂しいという方もいるかもしれませんけどね^^;

これから先も きっと見守ってくれてますよ^^

No title

忙しい中コメント ありがとうございました^^

やっぱり 返事があるとなんだか嬉しいですね^^

本当にありがとうございました^^

初コメ

はじめまして
乳ガンを調べていて、このblogに出会い、ちょこちょこ覗きに来ています。
家族の絆、大切な物、いろんな事を感じるこのblogは私のお気に入りになっています。


しきたりより、気持ちに従う。ジョンさんらしくて、奥さんを大切に思ってる気持ちがすごく伝わってきました。

3回忌の話題で、羨ましい何て言うのは、不謹慎かなでも、ジョンさんの、奥さんに対する思いに触れると、そんな感情が出てきます。
こんな風に大切に思える気持ち、素敵な宝物のように思えます。

いいですね。素敵な方だったんでしょうね

また遊びに来させて下さいね。
では、おやすみなさい

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なおママ

久々にブログにコメントです。(笑)

三回忌お疲れ様でした! 色々ありがとう。
母も久々の長野でとっても、嬉しそうだったよ。

それにしても、
子供は3人いっつもべったりだよね~(笑)

妹のテレビ放映を再度観て ほんと涙したね・・・。
(泣けて仕方なかったので、少し席はずしてたのに、待っててもらっちゃって・・・(笑))  
みんないい人・・・ほんと妹は幸せだったと思う。
なんでいないんだろう・・・それも、本音。(涙)

また、いつでもこっちにきてね!今度は子供たち映画にでも連れていってあげたいな~。

こんばんは

私にも、奥様のご冥福をお祈りさせてください。
ジョンさんは、とても素直でとても素敵です。
ジョンさんが、素敵なおじいちゃんになられるまで、これからも応援させてくださいね。
おやすみなさい。

追伸
返信ありがとうございました。
とっても嬉しかったです。

No title

気持ちが伝わってきます。
やはり思いが込められえていますよね。
お骨とはいえそばにいてほしい。
寒いお墓に入れたくない。
ジョンさんの気持ちが痛いほど伝わります。
温かいお話をありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 二度のお別れがあるような感じがして寂しいという方もいるかもしれませんけどね^^;

そうなんですよね。
そんな感じで寂しいのですが、一つの区切りのような気もします。
時間の流れは止められないです。
生きるって、こういうことなんでしょうか。

Re: No title

> やっぱり 返事があるとなんだか嬉しいですね^^
>
> 本当にありがとうございました^^

すみません、今まで数が多かったり忙しかったりで疎かでした。
これからは、なるべくがんばります。

Re: 初コメ

> こんな風に大切に思える気持ち、素敵な宝物のように思えます。

ありがとうございます。
でも、彼女無念だったと思うんです。
それを思うと悲しいです。

> また遊びに来させて下さいね。

ええ、是非に。
またよろしくお願いいたします。

Re: こんばんは。

> 傷痕を優しく撫でてくれました。
> 主治医の顔は、少し、微笑んでいました。

きっと優しくて思いやるのある主治医さんだったのですね。


> 心が折れそうな時、千里さんのブログ見るようにしてます。

そう言って頂き、ありがとうございます。
きっと彼女も微笑んでいると思います。

Re: なおママ

> 三回忌お疲れ様でした! 色々ありがとう。

こちらこそ、ありがとうございました。

> 子供は3人いっつもべったりだよね~(笑)

ねえ。兄弟みたい。


> また、いつでもこっちにきてね!今度は子供たち映画にでも連れていってあげたいな~。

是非に。
僕は映画は少々苦手なんで(苦笑)。

Re: こんばんは

> 私にも、奥様のご冥福をお祈りさせてください。

ありがとうございます。

> ジョンさんは、とても素直でとても素敵です。

素直すぎるって噂が、僕の周りではなきにしもあらずです(苦笑)。


> ジョンさんが、素敵なおじいちゃんになられるまで、これからも応援させてくださいね。
> おやすみなさい。

素敵なおじいちゃんですか?
まだ、なりたくないー(笑)。

いえいえ、ありがとうございます。
がんばります。


Re: No title

> お骨とはいえそばにいてほしい。
> 寒いお墓に入れたくない。

亡くなった直後は、特にそうでした。
でも、やっぱり少しづつ気持ちの変化があるもの。
あらためて「さようなら」を言ってきました。

> 温かいお話をありがとうございました。

こちらこそ、コメントありがとうございました。

Re: No title

妻もそうでしたが、一気に容体が思わしくないほうにいってしまったのでしょうか。
僕には祈ることしかできませんが、こちらからもお祈り申し上げます。

No title

ジョンさん ありがとうございました

今は なんだか元気出ませんが・・・・ 頑張ります^^

本当に ありがごうございましたm(_ _)m ペコリ
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。