スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供達からの手紙

年末も近くなってきた今日この頃。書棚の整理をしていると、2006年夏に妻が入院した時、子供達が妻に宛てた手紙が出てきました。

当時は、長男が小学校2年で次男が幼稚園年中だったのですが、なんだか懐かしい。妻はこの手紙を握りしめて、手術に向かったんだっけ。

この手紙、このままだと絶対に埋もれてしまうので(実際、この手紙見るの5年ぶりだし、苦笑)、ここに僕が書き写して記録しておくことにしました。よかったら一緒に読んでみてくださいな。


----------次男(当時4歳)から母へ-----------------

おかあさん、はやくなおりますように。

(↓実際の手紙の画像)
P1020326.jpg

・・・何の絵だか、今となっては不明だけど(苦笑)・・


----------長男(当時7歳)から母へ------------------

お母さんハワイに行こう。
ぼく、がんばるから。お母さんのために。
ぼくは、山、川、いろんな場所にお母さんといっしょに。
ぼくはお母さんが大好きだから、治ってほしい。
がんばってね。
冬は雪合戦。夏は虫を捕まえたり花火をやろうね。

(↓実際の手紙の画像、↑一部漢字にしました)
P1020327.jpg


----------------------------------------------------

ではでは、今日はそんな感じです。
またお会いしましょう。
ありがとうございました。



●追伸
非常に申し訳なかったんだけど、三回忌の法要は中一の長男のテストの真っただ中でした。でも、前回よりは成績があがったみたい。ちょっとほっとした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!
以前、一回コメントをさせていただきました。
拝見させていただくことを楽しみにしています。
よろしくお願いします。

お手紙、すてきですね。
あたたかさ、一生懸命さが
伝わってきます。こどもの絵や手紙って
本当に うれしいですね。
大切にして下さいね。

息子さん、成績上がっていいなーー(笑)
私は、中三(受験生!!)の娘がいますが、
点数が落ちて、励ましているって感じです

読んでいただき、ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

子供の手紙って 元気もらえますよね^^
私も 高校二年の長女と中学三年の次女がおります。
誕生日に私も子供からプレゼントで 今の こんな感じの手紙をもらいました^^ 

きっと 奥様はこの手紙をもらって 元気をもらえていたと思いますよ^^ この手紙を見て 私も元気をもらいまし^^
ありがとうございましたm(_ _)m ペコリ

子供からの手紙は心に響きますよね。
私も子供が小学生だった頃にくれた手紙、いまだに取ってあります。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読ませていただきました

純粋な心からの手紙ですね。
大好きなお母さんのことを思う精一杯の気持ちが伝わってきます。絵・・・私は、川に吊橋かな?と思いました。お母さんと、みんなで行きたいところを、描いたのかもしれませんね。

息子さん達は、ジョンさんの頑張っている背中を見ながら育ち、そして息子さん達も頑張っているのでしょうね。
いっぱい愛して下さいね。


追伸
素直な事は、素敵な事です。素直すぎる事は、もっともっと素敵な事だと思います。応援しています。

では また
楽しみに待っていますね。

No title

こんばんわ~
お子さんの気持ちが表現されていますね。
お母さんを大事に思う気持ち、まだまだ
お母さんが必要な時期なので残念です。
つらい別れを経験しているので
きっと強い子に育ってくれると思います。
人の痛みのわかる子になるでしょうね。

こんにちは(^O^)

こんにちは♪
一度、コメントさせていただいた者です。


お忙しい中、丁寧なお返事ありがとうございました。
すごく嬉しかったですよ!
まさか、お返事いただけるとは思っていなかったので、感極まって泣きそうになりました。


それにも関わらず、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。


子どもさんからのお手紙ですか…
千里さん、きっと嬉しかっただろうなぁ
それも言葉にできないくらい…

こんな愛のいっぱいつまった手紙を僕にまで拝見させていただいて、ありがとうございます。

久しぶりに、心がぽかぽかと温まり人に優しくできるような気持ちになりました。


ピースケ君も、前より成績が良くなっていて本当に良かったですね。
千里さんとジョンさんの子どもだもん。
絶対、絶対大丈夫!!!
きっと、千里さんが傍で明かりを灯しながら正しい方向に導いてくれていますよ。

No title

こんばんは☆
いつもはジョンさんのブログを拝見させて
頂いてるだけでしたが
今日は初めて書き込みさせて頂きます。
私はかほママと申します。
日付が変わって本日12月5日。
奥様の2回目の命日ですね。
納骨もお済みになられた様ですが
如何お過ごしでしょうか。
実は、私はジョンさんの奥様がお亡くなりに
なられる約5ヶ月前に最愛の娘を亡くしました。
立場は違えど愛する者を亡くした残された者の気持ちは
同じ様な気がして、いつもジョンさんのブログを読み
うんうん。っと頷いております。
毎年命日が来ると
「あの時は・・・」っと思いかえす事があり
まだまだ強くなりきれずに涙してしまいます^^;
向日葵の様になりたい!!
辛くとも苦しくとも上を向いて
光降り注ぐ太陽に向かっていつも笑顔でいられる
向日葵の様なそんな強いママでありたいなぁ・・・
って思いました。
私事で大変失礼致しました。
本日12月5日がジョンさんと息子さん達にとって
大切な1日になります様に・・・☆★☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 以前、一回コメントをさせていただきました。

ありがとうございます。拝見しています。
お父様のこと、教え子さんのこと、心が痛みます。
あらためて、ご冥福をお祈り申し上げます。

> お手紙、すてきですね。
> あたたかさ、一生懸命さが
> 伝わってきます。こどもの絵や手紙って
> 本当に うれしいですね。

妻も喜んでいました。


> 私は、中三(受験生!!)の娘がいますが、


ここからがヤマですね。
ファイト!!
がんばってください。

Re: 三度目の投稿゜。(p>∧<q)。゜゜

> 先日、乳癌検診に行ってきました。
> 以前からしこりがあり、気になっていたのですが、
> 検診に行く勇気が持てずそのままでした、、。しかし千里さんとの出会いや、
> 友人からすすめられ、行くことにしました。
> 結果は乳線症と言うもので、治療がいらないしこりでした、、。


良かった。気になったら、まずは検診行ってくださいね。
早期が大事ですし。

また、別のご病気のこと、お察し申し上げます。
治癒に向かうよう、お祈りしています。

Re: No title

> 私も 高校二年の長女と中学三年の次女がおります。
> 誕生日に私も子供からプレゼントで 今の こんな感じの手紙をもらいました^^ 
>
> きっと 奥様はこの手紙をもらって 元気をもらえていたと思いますよ

ええ、一気に元気になっていました。
当時が懐かしいです。

Re: タイトルなし

> 子供からの手紙は心に響きますよね。
> 私も子供が小学生だった頃にくれた手紙、いまだに取ってあります。

そうですか。大事にされているんですね。

僕も大事にしているつもりだったのですが・・・・
手紙がしばらく行方不明になったので、
今回ブログにアップして、永遠に消えないように手を打ってみました(苦笑)。


Re: 読ませていただきました

> 絵・・・私は、川に吊橋かな?と思いました。
> お母さんと、みんなで行きたいところを、描いたのかもしれませんね。

ですかね。今聞いても、意味不明状態です(苦笑)。


>
> 息子さん達は、ジョンさんの頑張っている背中を見ながら育ち、
> そして息子さん達も頑張っているのでしょうね。

いえいえ、そんなことないです。
テスト前は、ぐだぐたと言わないと勉強しませんから(笑)。


> 素直な事は、素敵な事です。素直すぎる事は、もっともっと素敵な事だと思います。応援しています。

ありがとうございます。
では、そんな感じで頑張ってみます!

Re: No title

> お母さんを大事に思う気持ち、まだまだ
> お母さんが必要な時期なので残念です。

たぶん、そうなんでしょうね。
そう思うと不憫で。

> つらい別れを経験しているので
> きっと強い子に育ってくれると思います。
> 人の痛みのわかる子になるでしょうね。

ええ、願わくばそうなって欲しい。
(いや、僕がそうやって育てなければいけないんですよね)

がんばります。
ありがとうございました。

Re: こんにちは(^O^)

> お忙しい中、丁寧なお返事ありがとうございました。
> すごく嬉しかったですよ!
> まさか、お返事いただけるとは思っていなかったので、感極まって泣きそうになりました。

こちらこそ嬉しいです。
返信遅れてしまって申し訳ないです。


> 子どもさんからのお手紙ですか…
> 千里さん、きっと嬉しかっただろうなぁ

ええ、すっごく喜んでいました。
懐かしいです。


> ピースケ君も、前より成績が良くなっていて本当に良かったですね。
> 千里さんとジョンさんの子どもだもん。
> 絶対、絶対大丈夫!!!

そうなってくれるといいんですが。
そうならないと、僕も妻に顔向けできないです。

Re: No title

> 今日は初めて書き込みさせて頂きます。

ありがとうございます。

> 日付が変わって本日12月5日。
> 奥様の2回目の命日ですね。

ええ、知っていてくださったのですね。
そうなのです。今日は命日。
彼女を偲んであげる予定です。


> 約5ヶ月前に最愛の娘を亡くしました。

そうだったのですか。
お話を聞くだけで、胸がはりさけそうです。
あらためて、心からご冥福をお祈り申し上げます。

> 毎年命日が来ると
> 「あの時は・・・」っと思いかえす事があり
> まだまだ強くなりきれずに涙してしまいます^^;

わかります。そのお気持ち。
でも、思い出してあげることは供養にもなると思いますので。
涙してあげていいのではないでしょうか。


> 向日葵の様になりたい!!

違うかもしれませんが。
僕も向日葵になりたいですよ。

いつも明るく優しく、おおらかで。
それでいて強いみたいな・・・

お互いに向日葵になりましょう。

Re: おはようございます。

> 今日は、千里さんの命日ですね。
> 遠いところからですが、千里さんを想い、手を合わせて頂きます。

ありがとうございます。
そう言って頂けるだけで、妻もきっと喜んでいると思います。

> 昨日の東京タワーの夜景も綺麗だったでしょうねっ。

そうですか。
最後に見た東京タワー、僕も思い出しました。

ありがとうございました。
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。