スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の気持ちも揺れるもの

前回のブログ
「ごちゃごちゃ言わないで点数とれ」と言ってしまった話ですが、
大きくわけて二つの意見を頂きました。

一つは
「賛成です。実力をつけたほうがいいです」
というもの。

もう一つは
「そうは言っても高校受験には内申書も重要です」
というもの。

この二つの意見です。

今後の日本、激動の時代になるのは誰の目にも明らかなのですが、その激動時代の中にあって子供達はどうやって生きていくのか?

後者の意見は、おそらくですが
「そんな激動の時代だからこそ、いい高校に行って、いい大学に行って、いい会社に入る」「それが重要」
という意味合いがあるんだと思う。

確かに今の日本では、いい会社の正社員は優遇されるので、一理あることだと思う。だから、僕も思わず、「英単語覚えるよりも、授業で先生に気にいられるように」と咽喉元まで出かかった(苦笑)。

でも、まじめにうちの子供達を見ていて、そんな器用な芸当ができるタマじゃない。だから、「ごちゃごちゃ言わないで点数とれ」と言ってしまったのが本音と言えば本音。「もうちょっとうまくやれよ・・・」みたいな気持ちがないわけじゃない。

う~ん、少し悩む。

でも、そんな気持ちがあったとしても、僕が言えるのは、やっぱり「人間として道を踏み外さないこと」「あいさつをきちんとすること」だけ。

それで評価されなかったら仕方ないよね、うん。
そう開き直ることにしよっと。


すみません、なんか自分で迷いを落ち着かせるために今回の文章は書いてしまいましたが、今日はそんな感じです。

ではでは。
またお会いしましょう。

ありがとうございました。


●追伸
いい会社の正社員は優遇されると言いましたが、個人的にはそんな時代は終わると思う。企業もそんな余裕ないしね。そんな中で、自分で飯を食う実力を身につけて欲しいと思うもの。


●追伸2
長男が毎日英単語覚えているので、「100個覚えた」というところでテストしてみたんです。そしたらね、後半覚えた単語はOKなのですが、最初の頃覚えた単語を全然忘れている。

「あちゃ~、まだ暗記のやりかたを知らないんだ」

そこで、こう言った。「毎日こまめに自分でテストして、忘れかけた単語は何回も練習して、記憶にこびりつかせる、これが重要」と。そんな細かいこと言ってやってます。疲れます(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私自身、あまり勉強が好きではなかったからか・・・いい会社に就職することだけを子供に言い聞かせるのは好きではなので・・・・それよりも 相手の気持ちの分かる子、あいさつの出来る子、に育ってほしいと思います。 自分の子供が娘だからなんでしょうかね^^;

世の中を上手に器用に生きていけたら いいのかもしれませんが・・・なかなかですよね^^; 不器用でも人生を楽しむ事、前向きな心を育てられたらいいなと思います。 甘いかな^^;

お邪魔します!

前回と今回のを読んで思わずコメントしてしまいました。
初めまして。
中学2年の息子を持つ、シングルマザーです。
職業は、教員です。

いろんなコメントも読みながら、「通知票は教師の主観で付けられている」確かに間違ってはいません。そうなんですが・・・。
なんとなくそれで、片付けらているようなところにちょっと虚しさを感じてしまいました。

子供との相性が合わないから、と言って成績に反映させるなんて、普通はないでしょう。全てとは言い切れませんが。
テストの点数は、確かにその子の出した結果が数字として出ます。
成績は、それも踏まえて、ノートや授業態度、発言・発表などいくつもの観点に沿って、付けられています。
それは学校によって、先生方によって確かに考え方も付け方も違います。 
それは、数字だけでは表せないものがそこにあるからです。
目の前にいるのは、生身の人間ですからね~。
点数と成績にズレがある理由は、文章で書かれていたり、または面談などでお話があったのではないかと思いますが、どうでしたか?

何が言いたいのか、分からなくなってきてしまいましたが(笑)
そろそろ年度末の成績を付ける時期ですので、気になってコメントしました。一生懸命なお父さんと息子さん、応援しています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気持ちはわかる

こんばんは。
いつも拝見しています。
中2の女の子の母です。
女の子とは違いますがー

結局、子どもが将来どう生きていくかは
今の積み重ねの上の結果論のような気がするんです。
もちろん、幸せになって欲しいけれど
いい高校・大学・就職だけが全てではない

でも、それが言えるのは人生経験を積んだ大人が
感じているだけなんですよね。

中学時代。
やっぱり受験は大切な目標です。
希望の高校に合格できたら、(将来への影響はともかく)
一つの達成感となって、生きていく自信の礎のひとつになるでしょう。
でも、合格できなくても、そこの気持ちから立ち上がっていくのも
それも、人生の力になるはずです。

だから、結果・未来は、今はだれにもわからない

ただ言えるのは、今を一生懸命がんばる心が育ってほしい。
で、目の前の単語を努力して覚えなさい!
それは、そういう意味で大切なことだと思うんです。

だから、成績表をくよくよ気にせず、単語を覚えろ!と
叱咤激励は(笑)、私はそれでOKな気がします。

うちも長子ですが、一番上の子は、親も常に初体験です。
自分の人生経験は時には子どもの道しるべにはなりますが
=子どもの人生ではない。
結局は、自分のちからで生き抜いていくしかありません。

学校も勉強も部活も、今とても大切だよな~
でも、自分自身が中学生の時には
あんまり先のことなんて
考えてなかった(笑)

親も必死。
その子の年齢での親業は
毎年1年生ですもの。

だからジョンさんの父としての態度
それでいいんだと思いますよ
(あんまり、答えになってないな~
 自分への言い聞かせですね)

暗記のやり方

よく拝見しています。
いつも勉強になります。
子育ては四苦八苦されていますね。
大変ですね。
暗記のやり方??
私もいい年してわかっていません。
教えてください^^)

>そこで、こう言った。「毎日こまめに自分でテストして、忘れかけた単語は何回も練習して、記憶にこびりつかせる、これが重要」と。

↑これがやり方ですか?

親の気持ち、子の気持ち。

私はやっぱり厳しい受験を経験していないし、母は私の学力とかに合う高校を見つけてくれました。
私が通っていた高校のレベルが低かったにしろ、総合的学習や社会体験をどうして人を思いやり、自分より弱い人を見下さず見た目で判断しない。をモットーにしてきたので私は、困ってる人がいたら手助けできる範囲で助けたりします。

だけど、今の日本政府や経済情勢を見て親が子に高学歴な学校へ、大手エリート会社に入社させてあげてお金かけてまで頑張らせても、
当の子供の気持ちはどうなのでしょうか?
期待されてるから親の気持ちに答えようと頑張れる子や、
期待される事がプレッシャーを感じ、頑張っていても本番では本気出せず失敗してしまい、引きこもったり、反動で家庭内暴力に出る子や、
はたまた一番考えたくないのは犯罪を起こしてしまうこと。
エリートに進んでもいきなり糸が切れたように意味もなく『人を殺してみたいと思った』と感じて脅迫犯罪も起こしかねませんよね?

結果的にパパさんが言うように『足を踏み外さないように』といった、一般的常識を持って社会に出てくれる事がお子さんにとっていいと思います。

親の気持ち、子の気持ち。(修正)

私はやっぱり厳しい受験を経験していないし、母は私の学力とかに合う高校を見つけてくれました。
私が通っていた高校のレベルが低かったにしろ、総合的学習や社会体験を通して人を思いやり、自分より弱い人を見下さず見た目で判断しない。をモットーにしてきたので私は、困ってる人がいたら手助けできる範囲で助けたりします。

だけど、今の日本政府や経済情勢を見て親が子に高学歴な学校へ、大手エリート会社に入社させてあげてお金かけてまで頑張らせても、
当の子供の気持ちはどうなのでしょうか?
期待されてるから親の気持ちに答えようと頑張れる子や、
期待される事がプレッシャーを感じ、頑張っていても本番では本気出せず失敗してしまい、引きこもったり、反動で家庭内暴力に出る子や、
はたまた一番考えたくないのは犯罪を起こしてしまうこと。
エリートに進んでもいきなり糸が切れたように意味もなく『人を殺してみたいと思った』と感じて脅迫犯罪も起こしかねませんよね?

結果的にパパさんが言うように『足を踏み外さないように』といった、一般的常識を持って社会に出てくれる事がお子さんにとっていいと思います。

Re: No title

> 不器用でも人生を楽しむ事、前向きな心を育てられたらいいなと思います。 甘いかな^^;

全く同感です。
人生を楽しみ、前向きに生きて欲しい。
でも同時に「飯が食える」人間になって欲しい。

道は近いようで遠いし矛盾もあるかもしれません。
でも、それが人生なんですかね。

Re: お邪魔します!

> 職業は、教員です。

お疲れ様です。昨今、色々大変かと思います。

> または面談などでお話があったのではないかと思いますが、どうでしたか?

面談では「すばらしい」と言われたのですが、
ちょっと不思議です。
今度また聞いてみます。

教師側からの意見ということで本当に貴重で嬉しいです。
またよかったら見守ってください。
ありがとうございました。

Re: 気持ちはわかる

> だからジョンさんの父としての態度
> それでいいんだと思いますよ
> (あんまり、答えになってないな~
>  自分への言い聞かせですね)

共感ありがとうございます。
メッセージもじっくり読ませて頂きました。

お互いにがんばりましょう!!

Re: 暗記のやり方

> > そこで、こう言った。「毎日こまめに自分でテストして、
> > 忘れかけた単語は何回も練習して、記憶にこびりつかせる、これが重要」と。
>
> ↑これがやり方ですか?

はい、そうです。
出来ないところは何回もやってこびりつかせる。
これです。

Re: 親の気持ち、子の気持ち。


> 結果的にパパさんが言うように『足を踏み外さないように』といった、
> 一般的常識を持って社会に出てくれる事がお子さんにとっていいと思います。

賛成です。
優しい子に、そして強い子になって欲しいものです。
まだまだ道は遠いです。
がんばります。
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。