スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男の「二分の一成人式」に出席しました

先月のこと、次男の小学校の「二分の一(にぶんのいち)成人式」に出席してきました。

ところで、「二分の一成人式」って何??

当たり前ですが、成人式は二十歳の時のお祝いの儀式です。しかし、この小学校では、十歳(小学校4年生)は二十歳の二分の一だから、そこでも儀式をやろうってことになったとか。

ちょっと無理やり?!

だって、それなら「俺は2倍成人式だし、長男は0.7倍?」。ありとあらゆる人が成人式の対象になるんじゃないかという気がしますよね。あっ、いえいえ、すみません。もちろん学校側のせっかくの配慮ですから、僕もいい大人なので、そんな理屈は口にすべきではなかったです。はい。ごめんなさい。

とは言うものの・・・
年末から年始にかけて、学校のお便りでは、

「みんなで頑張って、二分の一成人式を成功させよう!」
「えいえい、おー!」って。

(そんな無理やり的な)盛り上がりも最高潮に(笑)!

すみません、また茶化してしまった。
ま、冗談はさておきまして、当日は僕も次男へのメッセージを携えて「二分の一成人式」に出席してみました。そしたらね、結果、恥ずかしいのですが・・・

もう感動で泣いちゃいました(涙)!

だって、式では皆の前で子供と親が向かい合ってメッセージを交換しあうんですが、十歳の子供が、例えば「これからは勉強を一生懸命やって、恩返ししたいです」とか、「生んでくれてありがとう。お母さんが大好きです」とか、そんなことをたどたどしく緊張しながら一生懸命に言うんですよ。

それに対して、親からのメッセージがあって。会場にいる人達からは、(他人の親子であっても)あちこちですすり泣く声が。そんな感じの式になりました。

親として普段聞けない子供のメッセージ、また普段言えない親から子供へのメッセージ、お互いに交換できて本当によかった。

先生、学校関係者の方、本当にお疲れさまでした。
「二分の一成人式」よかったですよ
(いや、むしろ荒れた成人式なんかより、よっぽどいい)。

(最初、茶化してごめんなさい)
ありがとうございました。感謝です。


以上、そんな「二分の一成人式」がありました。最後になりますが、恥ずかしいけど僕も(いつか無くしてしまうのも心配なので、)ここに次男へ宛てたメッセージを転載してみますね。


ピースケ君、1/2成人式おめでとう。
無事に成長してくれていること、お父さんは嬉しく思っています。

そしてお母さんも。

ピースケとは、7歳の時に死に別れてしまったけど、きっとお母さんも天国から「10歳のピースケ」を見守って微笑んでくれているはずだよ。

だって、お母さんは亡くなる直前まで、ピースケの成長を凄く楽しみにしていたんだから。
中学も高校も、大人になった姿も見たいと言っていた。

これからの人生、ピースケにとって大切なことは、何事にも精一杯努力すること、そして成長すること。

そうすればきっと素晴らしい人生、楽しい人生を手に入れることができる。

その時はまた天国のお母さんも、もっともっと微笑んでくれる。だからまた頑張って生きていこう。

お父さんも手助けするし、楽しみにしているよ。

ガンバレ、ピースケ!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おめでとう

二分の一成人式おめでとう!
そうだよね・・・久々にうるうるとしました。
うちの子も4月から入る学校では、二分の一成人式とやらを行うらしいんだけどね・・・。私も感動するんだろうな・・・
その前に卒園式と入園式があるんだけどね~。

確かに、ほんとの成人式より、素直な時期のお祝いだもんね。
お互いにメッセージを素直に伝えあう事ができるのも
なかなか出来ないもんね・・・特に ピースケは小さい頃から母親に思い切り甘えることができず我慢をしながらも、成長してきた・・・
がんばりやさん。
私からもおめでとう!と言いたいです。

追伸;実家のお墓が無事に出来ました。3月には無事に納骨することができるよ。

ナイスアイディア!

それ、いいですね!
うちも今年5歳なので4分の1成人式をやろうかと思うくらいです(*^^*)

時々そうしてお互いの気持ちをきちんと伝える機会があるといいですね。

すばらしいですね

それは良い学校行事ですね!
本当の成人式は、親子で感謝の言葉なんて言わないし、まして照れ臭いしそんな言葉も言えないですよね。
でもあれですね、お互い伴侶がいないと、どんな場面でも亡き妻の事も感じながら自然に涙がでるんでしょうね。
それから今日はメールありがとうです。

おめでとうございます

いいですね! 1/2成人式!
うちの子の学校もありますが・・・
「こんなことできるようになったよ」発表会で
子供達がグループで得意技(とびばこ、ピアノ、ダンス、サッカー、朗読など)
を短時間で発表するだけです。。。
でもやっぱり1/2だけど成人式だから、
普段は休まない仕事をお休みして観に行きます(^^;)
子供の行事って、親にとっては何にも替え難いものですから。
ピースケ君がこれからも健やかに成長しますように♪

懐かしいです

三男の『二分の一成人式』に、丸6年前に参加しました。


私が乳癌の手術をして退院後すぐの事でした。


やはり内容として、『親への感謝を述べる』というのがメインで、最後に歌を合唱した時には、ほとんどの保護者が泣いていましたね…。

私も、普段のキャラにはなく号泣でした。退院後すぐだったのも、影響していたのだと思います。


その三男も今は高校生ですからね…早いです子供の成長は

あ、私も歳をとってました。感謝です。


いつも、素敵なブログ励みになりますありがとうございます

いいですねo(^-^)o

今の小学校(もちろん地域によってですが)ではそういった儀式があるのですね。
ピースケ君はまだ小学低学年でお母さんの千里さんと死別してしまいましたが、
これまでのジョンさんのブログを読んでいたらピースケ君は伸び伸びと育ってていると思います。
ピースケ君、将来人を思いやれる優しい大人になると思います(^_^)v

No title

こんばんわ^^ お久しぶりです(0^ー^0)

そちらでは二分の一成人式と言うんですね
こちらでは 半成人式といって学校で儀式をしましたよ^^
しかし。。。私のところでは子供だけでやって大人はお手紙のみの参加でした^^

子供にとって 少し大人になった気持ちになれるものなんですかね^^ これから先の人生を 楽しく人に優しく育ってほしいと親は願いますよねぇ♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬

二分の一成人式 ((@≧3≦))Y⌒才×〒"┝゚♪゚。o○

お久しぶりです

なんかそのような
成人式がある 小学校
聞いた事 あるような…(笑)

私だったら 15才
なので、 0.8?!(笑)

ジョンさんのメッセージ
感動 しちゃいます(T-T)

Re: おめでとう

ありがとう。
なおちゃんも、もうすぐ入学式だね。
おめでとう。

お墓、3月になったらお参りに行かせてね。

Re: ナイスアイディア!

> 時々そうしてお互いの気持ちをきちんと伝える機会があるといいですね。

そうなんですよ。
最初、ちょっと面倒かと思ったけど、
こういう機会はなかなかいいものです。

Re: すばらしいですね

> どんな場面でも亡き妻の事も感じながら自然に涙がでるんでしょうね。

そうなんですよね。
あと、子供はどんな気持ちなんだろうとも思ってしまうし。
お互いに頑張りましょう。

Re: おめでとうございます

> 子供の行事って、親にとっては何にも替え難いものですから。
> ピースケ君がこれからも健やかに成長しますように♪

ありがとうございます!
健やかに成長するといいですが。
がんばります!

Re: 懐かしいです

> 三男の『二分の一成人式』に、丸6年前に参加しました。
> 私が乳癌の手術をして退院後すぐの事でした。

そうですか。大変だったことと思います。
今はお体は大丈夫ですか。


> その三男も今は高校生ですからね…早いです

もう高校生なのですか。
うちもそうやって、ふりかえる日がくるんでしょうね。
なんだか感慨深い。

Re: いいですねo(^-^)o

> ピースケ君、将来人を思いやれる優しい大人になると思います(^_^)v

そうなるといいんですが。
たまに責任感を凄く感じます。

いや頑張らねば!!
がんばりまーす。

Re: No title

お久しぶりです。

> しかし。。。私のところでは子供だけでやって大人はお手紙のみの参加でした^^

あっ、ちょっと残念かも。
大人からの手紙があると、ぐっとくるんだと思いますが。

> 二分の一成人式 ((@≧3≦))Y⌒才×〒"┝゚♪゚。o○

ありがとうございます。

Re: お久しぶりです

> 成人式がある 小学校
> 聞いた事 あるような…(笑)

ええ、僕も初めて聞きました。

> 私だったら 15才
> なので、 0.8?!(笑)
>
> ジョンさんのメッセージ
> 感動 しちゃいます(T-T)

ありがとうございます。

15歳!!
まさにこれからです。
悔いのない青春を!


同じ!

うちの小学校(大阪府)と全く同じ事をしているので 小学校では授業の一環みたいになりつつあるのかもしれませんね

Re: 同じ!

> うちの小学校(大阪府)と全く同じ事をしているので
> 小学校では授業の一環みたいになりつつあるのかもしれませんね

大阪でもあるのですね。
僕は全く知らなかったのですが、定着しつつあるのかもしれませんね。

私のママもガンで亡くなりました。お父さんは、ショックを受けて、弟は、1歳で大変ですが長女の私は、頑張って手伝いをしないといけないなって感じます
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。