スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねぇ、どうして… そんなにも君は優しくなれるの…?

先日ご紹介した「優しい世界」、沢山の方に聴いて頂いています。本当に嬉しいし、何より(作詞・作曲の)松谷さん、(イラストの)七田さんには改めて感謝です。

ありがとうございます。

その「優しい世界」、細かい話ではありますが(笑)、
サビの部分では、こんな歌詞があるんですね。

ねぇ、どうして…
そんなにも君は優しくなれるの…?
」と。

この歌詞、実を言うと、闘病生活から今日まで、
僕の心の中にある「妻への問い」でもありました。
(恥ずかしいですが、松谷さんがきちんと歌詞にしてくれました)

つまり、ガンという不条理に遭遇し、
どうやって妻は正気を保ち(いや、むしろ明るく)、
他人に優しくなることができたのだろうか?

妻が生きている時は聞けなかったし、
(亡くなってしまった今となっては)
その正しい答えは永遠にわからない。

でも先日、ナチスの強制収容所に収容された精神科医が書いた「夜と霧」という本を読んで、その答えが少しわかったような気がした。

その本によると、
ナチスの強制収容所もまた不条理だらけの世界だった。

収容者は、具合が悪くなれば殺され、元気でも殺され、微笑んでも涙ぐんでも、無表情でも殺された。

全くの無作為と気まぐれ、法則性もないし、努力も何も関係ない、
あまりの不条理な(銃殺される)世界がそこにあった。

そんな中で、ある人は精神破綻し、ある人は正気を保った。

その違いは何か?

精神科医の著者は言う。
「生きる意味と結果」を問い続けた者は精神破綻し、
「ひたすら生きる」ことを考えた者は正気を保った、と。

(もちろん、この本が全て正しいとは思わないけど)
「そうだったのかも・・・」と僕は思い当たる。

確かに妻は、生きる意味も結果も問わなかった。

どんなに治療しても、どんなに体にいいことやっても、
どんどん具合が悪くなっていく。
結果、旅行も行けなくなって、
美味しいものも食べられなくなったけど、

「何故?どうして?」なんて言わなかった。

ただひたすら生きることを前提に、
あの病気から生き抜くことだけを考えていた。

出来ることは全部やろうって。
ひたすら調べ、考え、行動する。
これが僕らの闘病生活のパターン。

そういえば彼女とは戦友でもあったっけ。


日本には、
「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。
これは、僕が闘病中に自分に言い聞かせていた言葉。

この言葉と相通じるところもあるのかな。
確かに僕も正気を保っている(つもり?)。


だとするなら、最後に子供達にも伝えておきたい。

この世の中、不条理なことが多い。

「出来の悪いアイツが合格して、自分は不合格」
「普段さぼっているアイツのほうが出世した」

「やっと家を建てたのに、地震で壊れた」
「なんでリストラなんだよ?」

なんで、なんで、なんで・・・・・。
人生は不条理との闘いかもしれない。


でもね、僕たちは生きるしかない。
ひたすら生きて、生き抜くこと。
その大切さを知って欲しい。


子供達、もちろん今は
「報われない不条理もある」なんて考える必要は全くない。
そもそも努力しろよって話だし。
でもね、努力しても報われない時、何か不条理なことがあった時、
いつか、そう悟ってくれる日もくるかなあ。

「僕らは全力で生きるしかない」って。
お母さんのように・・・


今日は、そんなこと思いました。
またお会いしましょう。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご家族皆様のチカラ

v-22本当に、あの過酷なお辛いなかで、温かいコトバをかけてくださる千里さんを尊敬していました。

千里さんのお人柄はもちろんですが、ジョンさんや息子さんたちの家族の温かい見守りがあったからでもありますよね。
本当に温かいご家族だと思いました。

今でも、骨の痛みを感じるたびに、千里さんを思いだして、頑張らなくてはと「喝!」をいれてます。

私は

私はその【不条理】に本当に苦しみました。そして破綻して?心気症と言う精神疾患になりました。
あまりにも残酷過ぎる癌死を目の当たりにして【どうして、どうして…】だったのです。 頑張っても願っても愛しても壮絶な痛みの中で亡くなってしまった事に怒りさえ感じて【せめて亡くなる前位は穏やかな気持ちでいさせてあげたい、もしくはあっという間に亡くなる方がマシではないか、神様なんていない!】ずっとそう思いました。
私は答えを求めて色々な人に問いました。【運命、前世で悪い事をして、単なる不条理、どうしようもない事】そんな答えを繰り返し頂くうちに 答えなんてないんだな、どんなに良い人でも愛する人でも 命あるものいずれ皆死ぬんだ、って事に納得せざる得ませんでした。
今でも 余命3ヶ月と言われ【それなら子供にお金を残してやりたい】と言って入院も拒み自宅で痛みもがいて2ヶ月で亡くなった気持ちを思うと…((泣))
最初は死にたくないと死に怯えていた気持ちが そのうちに壮絶な痛みやもう助からないと悟る事で 早く死にたいと言う気持ちに変わっていく様は想像を絶するものがありますね。
もし私だったら
正気でいられたでしょうか??
そんな事を思います。

はじめまして

こんにちは。
テレビを拝見してから、ときどきお邪魔しています。
とても素敵な曲なので、つたないブログですがアップして、
ブロ友さんに紹介したいのですが、よろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

Re: ご家族皆様のチカラ

> あの過酷なお辛いなかで、温かいコトバをかけてくださる千里さんを尊敬していました。

ありがとうございます。
きっと天国から喜んでくれていると思います。

>
> 今でも、骨の痛みを感じるたびに、千里さんを思いだして、
> 頑張らなくてはと「喝!」をいれてます。

そうですか。お辛いかと思います。
痛みがなくなるといいですが。
僕も、今から祈ってみます。

Re: 私は

僕も答えがないのが答えです。
答えのない中でも、生きていかなくちゃいけない。
そんなふうに思っています。

Re: はじめまして

はじめまして。

ええ、是非ご紹介ください。
嬉しいです。

ありがとうございます。

No title

今の世の中、努力したことでそれに見合った報酬が得られるとは言い辛くなってきていますよね。

努力して努力して、得られるものって一体何なんでしょうね。
結果論だけを重視する生きづらい世の中で、僕たちは努力するプロセスにある、自分だけにしか分からない経験を大切にしていくしかないんだと最近思います。

努力という苦しみを乗り越えた自分を誇りに思えるようになりたいですね。

千里さんは闘病生活において、生きるという想像もつかないくらい大変な努力をされてたんですよね。
僕は、そんな千里さんをすごく尊敬します。
子どもさんたちも、千里さんのような生き方ができたら良いですね!

No title

そうですね・・・人間 どうして?と思う事が 多々ありますね。でも、それをそう思わずに生きれる事が幸せな事なんでしょうね^^
分かっていても そう思える事は難しい事なんですが・・・・千里さんは それを出来る素晴らしい方だったんだなぁ^^と 改めて思います^^

色んな事に答えのない事は 多いですが・・・自分の選んだ道を間違っていないと思える人生をお互い 送れたらいいですね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。。。

生きる意味。

考えることは誰しもあるかと思います。

私も、うまくいかない時考えた事あります。

でも、意味はないんだな、、、て、結論にたどり着きました。

意味がないって言うか、人生は
「ただひたすら生きていくんだな」
って。

辛くても、私がただ生きているだけで嬉しい人が
一人でもいたら歯をくいしばって生きていくのが
人生かな~って。

はじめまして

はじめて訪問させていただきました。
素敵なブログですね。
私は現役のナースをしています。患者さんやご家族の立場の気持ちが伝わってきます。
“全力で生きる”本当にそうですね。永年こういう仕事をしているとその一言につきるとつくづく思います。
またうかがいますね。

No title

たまたまブログを見つけました。
私は今大学2年生です。
親の病気から、大切な人との別れを意識し始めました。
何気ない毎日がなんだかすごく怖いんです。
でも、生きてるから。その大切さを噛み締めようと思えました。
これから不条理なこと、沢山感じるかもしれないど
がんばっていきます。

Re: No title

> 僕は、そんな千里さんをすごく尊敬します。

ありがとうございます。

> 子どもさんたちも、千里さんのような生き方ができたら良いですね!

まだまだ、
とても母親のようには強くなれなさそうです。
あっ、これは僕の責任か。

Re: No title

> 色んな事に答えのない事は 多いですが・・・
> 自分の選んだ道を間違っていないと思える人生をお互い 送れたらいいですね^^

人生いろんなことがありますが、
間違ってないと思える方向に努力するしかないです。
それが一番です。

Re: お久しぶりです

お気持ち、お察し申し上げます。

精一杯生きておられる様子、
胸が締め付けられる思いです。

こちらこそ励まされます。

こんなブログでよかったら、またいつでも来てくださいね。
ありがとうございました。

Re: こんばんは。。。

> 意味がないって言うか、人生は
> 「ただひたすら生きていくんだな」
> って。


ぼくも彼女との闘病生活で、
そういう人生観も持つようになりました。

Re: はじめまして

> “全力で生きる”本当にそうですね。永年こういう仕事をしているとその一言につきるとつくづく思います。
> またうかがいますね。

はじめまして。
そうですか。

私も彼女との闘病を経て、
そういう人生観を持つようになりました。

また来てくださいね。

Re: No title

そうですか。親御さんこと、心配ですね。
良くなるといいですが。

大切さをかみしめ、
お互いに頑張り、生きていきましょう。

プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。