スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様との契約

(闘病中の)妻をモチーフにした「優しい世界」、この歌の歌詞に、

ねぇ、どうして…
そんなにも君は優しくなれるの…?
」と。

この歌詞は、今でも
僕の心の中にある「妻への問い」でもある(と以前言いました)。

天国の妻から僕に出された、一生ものの宿題かな。


だから、おりにふれ考え、答えを探しているんだけど、
今日は、一つ思い当たることがあったので、書いてみますね。


妻はガンになった時、こんなことを言った。

「もし神様が、家族四人で誰かが病気にならなければいけない、
と言ったら自分でいい」

僕は、その時、何でそんなに悲しい事を言うのだろうか、
「そんな残酷な人?は神様じゃない」とか言って、

妻の発言の真意がわからなかった。


でもね、今になって思う。
あの言葉は、妻と神様との契約だったんじゃないだろうか。

「もし病気が避けられない運命ならば、
自分が病気で苦しむ代わりに、家族は助けて欲しい」と。


どういうことか?

つまり、彼女は、これから自分が闘病に向かうにあたって、
苦しむことはわかっていた。

もしかしたら「死」があるかもしれない。


そんな状況で、ただ苦しんだり、死を迎えたりすることは嫌だ。
生きている意味が欲しい。

そこで彼女は神様と契約をした。

「自分が病気になることによって、
家族は病気にしないこと」


人生は虚しいし、
人は何故生きるのだろうか?
って誰だって思う。

特に病気になれば、なおさらだと思う。


誰だって、生きている意味を見出したい。


たぶん、彼女は、神様と契約することによって、
自分の人生に意味を持たせ、
自分の闘病を支えていたんじゃないだろうか。


あれから3年。

あの言葉の真意が、ふっと思い立ったようにおりてきた。
もしかしたら、天国からのメッセージだろうか。


今日は、そんな日でした。

ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

子供じゃなくて良かった

v-22千里さんが、ご家族じゃなくて良かったと思われたこと、尊敬していました。
私は、残念ながら、「子供たちではなくて良かった」って思いました。
(申し訳ないけれど夫は、入っていない・・・・v-16)
3つの癌があったから、3人の子供たちの分、引き受けられたかしらって・・・・
まぁ、夫は結婚した当初から相撲取りの職業病でもある、「糖尿病」を患っていましたから、昨年夏からは、主人も1日おきに人工透析に通院する毎日。
コトバをかえていうなら「病気になったのが私たち夫婦で良かった、子供たちじゃなくて」かな?

No title

きっと 私も同じ事を言ったと思います^^
だから、千里さんの気持ちが すごくわかります。

ジョンさんの言った通り・・・家族の中で苦しむのは自分でいい・・・
他の家族が苦しむ姿を見るよりは、自分がそれを引き受けます。
という気持ちだったのだと思います。
当然、自分も死にたくはなかったでしょう・・・・
しかし、他の家族の死を見るのは・・・もっと辛いということでしょうね

きっと天国から、分かってくれたんだねぇ^^ と喜んでいると思いますよ^^



No title

こんにちは
やっと暑さも和らいできましたね

先日、主人の一周忌を迎えました。
そして、彼の誕生日が過ぎました。

どうしてもこの一年の記憶が曖昧で・・・365日のマス目がある
としたら、色のないペンで塗りつぶしていた毎日のような気がします。
まだ苦しいのが正直なところで、時間を戻せるものなら戻して彼を
救いたい・・・のが本音です。
ジョンさんへも前向きなコメントしたりしたのにダメですね。

こんなことではいつまで経っても彼は心配してしまう!
がんばれ・・・って言葉はあまり好きじゃないけど自分にがんばれ
です。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、ジョンさんも気をつけて
くださいね。



Re: 子供じゃなくて良かった

> 3つの癌があったから、3人の子供たちの分、引き受けられたかしらって・・・・

すみません、切なくて言葉にできないです。
お子さんたち、きっときっと、
お母さんの意をくんで、立派な人になると思います。

うるうるママさんも無理せず、あせらずゆっくりと。

お線香上げて、報告しておきますね。

Re: No title

>
> きっと天国から、分かってくれたんだねぇ^^ と喜んでいると思いますよ^^

あの時、僕はわからなかったから、
今頃、「おそいよ」って言われてそうです(苦笑)。

Re: No title

そうですか。
一周忌終わったのですね。

時は移ろうもの。
でも、気持ちはあのまま、わかります。

無理に前向きにならなくてもいいのではないでしょうか。
僕は、気持はほっといて、やらなくちゃいけないことをやるようにしていたら、
少しずつ前向きになっていったような気がします。
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。