スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆとり教育が終わったらしい

今日は火曜日。東京は、この冬一番の寒さ、そして雨(雪)。
小学校2年生のピースケが午後3:00に帰ってくる(と思っていた)。

しかし、午後3:30になっても何故かピースケが帰ってこない。
「コンビニで、あんまんの買い食いでもしているのかな~?」
「もう説教だ(怒)!」と思って待つことにした。

でもね、待てど暮せど午後4:00になっても帰ってくる気配もない。
「まさか誘拐されたんじゃ?」とムッチャ心配になって、もう我慢できない。この寒い雨の中、ヒートテック、タートル、セーター、マフラー、手袋、コート、傘の完全防寒(めんどくせー)で探しに行こうとしたら、

「ただいま~」とピースケが帰ってきた(まずは一安心・・・)。

私:「おい、どうしたんだよ?」
ピースケ:「だって今日6時間授業だから、午後4:00だよ」

「へっ?」

小学校2年生って、
長くても5時間授業で午後3:00帰りじゃなかったの??

さっそく妻のママ友に聞いてみると、何でも「ゆとり教育」が去年で終わって、今年から授業時間が長くなったとのこと。その初日が今日だったらしい。「へえー、そうだったんですか」と言うしかなかった。たぶん学校から連絡があったんでしょうね。僕は例によって?見逃していたようだ(苦笑)。

それにしても、そーかー、あの「ゆとり教育」終わったんだ。

そういえば、最近ゆとり世代が社会に出てきて、「嫌なことがあって仕事を休みました」「昨日彼氏とケンカして笑顔になれません」(まー気持ちがわからんでもないが)な~んて平気で言う若い人がいるとか。
(注意:↑これは一応、噂ですよ。)

ほんまかいな?

という気もするが、僕の友人で会社の人事をやっている奴が、同様のこと言っていた。まあ、「ゆとり教育」だから、というわけではないだろうが、自分の子供はそんな風になって欲しくはないなあ、と思ったところ。

そのためには、やっぱ家庭の教育なんだろうな~。

責任重いなあ。

がんばれ自分!!
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめましてです。
うるうるさんの所からやってきましたv-10
同世代で、お子様もほぼ同じ(我が家は、4年長女・2年長男・年長次女の3人)で、私は、2007年3月に乳がん告知を受け、治療中の3年生です。
家の学校は、2年生まだ、5時間ですよv-12
長女は、水曜以外は6時間だけど。。。
なんだか、かわいそうに思えます。
帰ってくるのは4時。それから習い事があったりで、遊ぶ時間がほとんどないv-164
ゆとり教育で、土曜を休みにしたのが間違いじゃないかなと思ってしまいます。
また、土曜に半日でも学校に言ってくれたら・・・。なんて思うのは、わたしだけでしょうか?
その分、平日の時間を短くしてあげたら、遊ぶ時間もできるのに。。。と思う母です。。。
ちょくちょく遊びに来ますので、よろしくお願いしますv-436

Re: はじめまして

はじめまして。

> 同世代で、お子様もほぼ同じ(我が家は、4年長女・2年長男・年長次女の3人)で、
> 私は、2007年3月に乳がん告知を受け、治療中の3年生です。

そうですか。お気持ちお察しいたします。
治療がうまくいきますよう、私も心から祈念しております。

> 家の学校は、2年生まだ、5時間ですよ

そうなんですか?東京だけなんですかね?

> 帰ってくるのは4時。それから習い事があったりで、遊ぶ時間がほとんどない

そうですよね。
地方出身の僕からすると、大変だなあと思いますよ。→東京の子供たち。

> ちょくちょく遊びに来ますので、よろしくお願いしますv-436

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

No title

良かったわー。がねさんだわ。
同世代の子供さんがいてくださる方のご訪問があって・・・
というのもわが家は子供たちが大きいので、少し私の情報は古いかもしれなしから、だって一番大きい孫(姪っ子の子供)が小学校6年と4年ですもの。
おばあちゃんの感覚だわ。(でも松田聖子ちゃんと一緒の学年なんだけど)
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。