スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男ピースケが泣いて帰ってきた

どこの家もそうかもしれないが、平日の朝、我が家はいつもバタバタしている。直前になって忘れモノが発覚するとか、寝ぐせが直らないとか、遅刻しそうになるとか。今日もそんなこんなで、なんとか子供たちを小学校に送り出し一息ついたころ・・・

「ピンポーン」

って、インターホンが鳴った。「はい」って出てみると、なんと次男ピースケが泣いている。慌てて「どうした?」ってドアを開けてみると、なんと

「ランドセル忘れた~(涙)」

と泣きじゃくっているのである。思わず「ええーっ!」と叫んでしまった。あまりに意外というか、あまりにアホというか。

すぐにランドセル持たせて「急いで行けば間に合うよ」って送り出したのですが、これ誰が聞いても「ギャグか?」って気分じゃないですか。我が息子ながら、あまりのバカさ加減に大笑いしてしまった。

後で本人に聞いてみると、ランドセル無しの手ぶらで通学路を歩き、学校近くなって友達に「あれ、ピースケ君、ランドセルは?」と聞かれて真っ青になって家に帰ってきたらしい。

もう、その光景を思い浮かべるだけで笑ってしまうのだが、どこの世界にランドセルを忘れる小学生がいるのだろうか。

ちょっと話が変わるが、僕の知り合いで、友人達とハワイに行こうとしたところ、パスポート忘れたという人がいた。

当然ながら飛行機に乗れないのですが、それでも、その人は「どうしても飛行機に乗せてくれ」と泣きながら粘りまくったらしい。でも、やっぱ無理だったとか。そりゃ、そうでしょ。

その人は一人だけハワイに行けなかったということで、後の語り草になってしまったのだが、(今回のランドセル忘れたのは)それに匹敵するくらいの話かもしれない。

まー、親バカなもんで「そこまで忘れるなら逆に天晴れ!」と言いたい気もするが、妻もきっと苦笑いしていることだろう。いや、妻は子供に優しかったからなあ、大笑いした僕をたしなめていた気もする。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

次男くん

面白いです~思わず笑っちゃいました。いまだかつて聞いたことないお話です。中身を忘れるのはあるかもしれませんが、ランドセルとは(^J^)
男の子だから?なのかな・・・
我が家は女の子2人なのであまり心配ないというか手がかからないというか。自分でなんでも用意するし学校が開く時間にはすでに到着しているくらい学校大好きで、何を着て行ったら良いのか?ぐらいしか求められていませんね~わたし。

次男くん、我が家の下娘と同じ学年です。男の子はまだまだかわいいですね~
先日、下娘、家庭訪問で「ほんと、しっかりしているお嬢様です。」とおほめの言葉を頂きました。しっかりしすぎているのもなんだかな~ちょいと寂いしいし楽しくないです。

No title

あらあら あわてて可愛そうに・・・
男の子ってしでかしますよね

我が家の次男は小一の時ランドセルを
間違えて帰って来て
夜あわてて返しに行ったこと思い出します
ほかにもいろんな珍事件が

子育ても人生も想定外(古)の連続
だから面白いな~と思います
お互い息子達をがんばって育てましょう(*^^)v

天晴れっ!

ひょっとして、ピー助くんはオオモノになるかもですよっ♪(笑)

なかなか出来ることじゃないですからっ♪(●´艸`) フフフ・・・・


ぃや~。でもね。大昔、読んだ本で
「第一子・中間子・末っ子」の特徴を分析した内容で、
あくまで統計ですが、日本のオリンピック選手のメダリストには
2人兄弟(姉妹)の場合、次男・次女の方が圧倒的に
多いんだそうです。

次男・次女に於いては、生れ落ちた時から競争相手(兄・姉)が
いるので、闘争心に長けるのだそう。

ちょっと脱線しましたが、what I'm trying to say is.....

人がしないことをするというのは、ある種の才能ではないかと・・・

ちょっと誇大表現かもしれませんが・・・

朝のバタバタ時にちょっとしたハプニングでしたね♪(^_-)-☆

Re: 次男くん

> 先日、下娘、家庭訪問で「ほんと、しっかりしているお嬢様です。」

あ~、一回でいいから言われてみたい!(笑)

まだ笑っていられる年頃だからいいですが、
ちょっと心配だったりもします。

まーなんとかなるかな。

Re: No title

> 我が家の次男は小一の時ランドセルを
> 間違えて帰って来て
> 夜あわてて返しに行ったこと思い出します

それも可笑しいですねえ(笑)。
うちの子もそうですが、想像するだけで
何回も笑えます。

> お互い息子達をがんばって育てましょう(*^^)v

ええ、がんばりましょう。
ありがとうございました。

Re: 天晴れっ!

あまりにバカ過ぎて恥ずかしいですよ(笑)。

でも、思うに、あれも僕の血なんだろうなあ。
僕もやりかねないからなあ。

同じ血だ・・・

あいつらしいから、ほんと笑えるし納得だ!
でも、こういう笑いがある生活っていいと思うよ・・・(微妙なとこだけど)
さて、明日からまたパワーをもらってきておくれ!
私もパワーをもらいに行ってきます。

今日我が家はお弁当の日で、なおべえに
「ママおいしかったよ! 麦茶(水筒持参)」って言われて
こけてしまった・・・ ピースケと同じだよまったく(笑

No title

ご無沙汰しています。
ランドセルの話。かわいいなぁ~
学校の近くに行くまで誰も気がつかなかったの??
パスポートの話、
そういえば、私も韓国へ行った時の帰り、搭乗手続きをした後
免税店のお買い物に夢中になり、
気がついたら、飛行機は飛んだ後・・・・
という、誰にもいえない様な恥ずかしい経験をしてますよ。
パスポート忘れたことよりある意味すごいかも

Re: 同じ血だ・・・

> あいつらしいから、ほんと笑えるし納得だ!

ほんとに。
もっとしっかりしているかと思ったが・・・・

むしろ、忘れっぽいと思っていたユータでさえ、
ランドセルなんか忘れたことないのに。

Re: No title

> 学校の近くに行くまで誰も気がつかなかったの??

仲のいい友達が指摘するまで、自信満々で歩いていたらしい。
(と想像するだけで可笑しいのですが)

> パスポートの話、
> そういえば、私も韓国へ行った時の帰り、搭乗手続きをした後
> 免税店のお買い物に夢中になり、
> 気がついたら、飛行機は飛んだ後・・・・

ええええーーーー
その後、どうやって帰ってきたんですか?
お連れさんはいなかったんですか?
凄く興味があります。


ランドセル事件

v-22我が家はこういう出来事が起きると「○○事件」と名付けています。
こういうちょっと笑える話も、いやな思いでも・・・
でも10年20年たつと、「あの時の○○事件のときさあ~」って楽しい思い出話が始まります。
このランドセル事件をジョンさんは子供と共有できたことに感謝!ラッキー!ですね。世の中のお父様でこんな体験された方は数少ないと思いますよv-221

Re: ランドセル事件

> このランドセル事件をジョンさんは子供と共有できたことに感謝!ラッキー!ですね。

本当に。語り継がれると思います(笑)。

はじめまして

鎌田茜さんからこちらにきて読ませていただきました。
これだけはどうしてもコメしたくなり・・・。

我が家の長男(3年生)も先日ランドセル忘れました(笑)
息子もお友達に指摘されるまで気付かなかったそうです。

しかも息子は「帰ってもママいないし(私は息子を送り出し出勤します)、鍵も携帯もランドセルの中だし・・・このまま行くわ!」と慌てもせず手ぶらで学校へ。

世の中こんなアホな忘れ物をする小学生は息子だけ。。
と思っていましたが、仲間を見つけてちょっと安心!?しちゃいました。

Re: はじめまして

> しかも息子は「帰ってもママいないし(私は息子を送り出し出勤します)、鍵も携帯もランドセルの中だし・・・このまま行くわ!」と慌てもせず手ぶらで学校へ。
>
> 世の中こんなアホな忘れ物をする小学生は息子だけ。。
> と思っていましたが、仲間を見つけてちょっと安心!?しちゃいました。

そうでしたか。
そんなお子さんが他にもいたとは(笑)
可笑しいですね。仲間だ!
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。