スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日のカーネーション

今年の母の日。僕は忙しさにかまけてと言うか(毎年と言うか)、自分の母に何もプレゼントしてなかった。(この場をかりて)本当にごめんなさい。

でもね、この母の日、長男ユータは何も言わないけど、
お母さん(亡き妻)にカーネーション↓を買ってきた。
P1000923.jpg

普段はガミガミ言いたくなる事も多いが、アイツは妙に優しい所もあって、気がきくのかきかないのか・・・ちょっと不思議。

そう言えば、去年の妻のブログにはこんな記述があったので、
ちょっと転載してみますね。

--------------------転載ここから--------------------

長男ユータ:
「母の日何か欲しい?欲しいなら、何かプレゼントするけど・・・」

私(←妻のこと):
「なら、花がいいなあ・・・なんでも嬉しいよ」

長男ユータ:
「喜ぶかどうかわからないけど・・・変なの選んじゃったら・・・ごめんね」

この言葉だけで・・・
しばらく、隠れて泣いてしまった私です
こういうことしてもらうの、初めてなんですよ。私・・・。

そして、こっそり弟と買ってくれたのが、この三つの花と、
なぜか石鹸・・・・

もったいなくて使えないので、
タンスの引き出しに、そっとしまいました。

開ける度に、フワッといい香りがして、
優しい気持ちにしてくれるでしょう

神様ありがとう
優しい子に育ってくれてありがとう。

普段、ガミガミと叱ってしまう私ですが、反省です。

--------------------転載おわり--------------------

そういえば、↑こんな感じで去年は妻が喜んでいたっけ。
僕も思いだしたなー。

長男は、きっと去年の事も覚えていたのだろう。
お母さんを喜ばせてあげようと思って、
自分の小遣いでカーネーションを買ってきたようだ。

仏壇に花を添えて、
きっと妻も喜んでいることだろう。

報告遅れちゃったんだけど、このことだけはアップしておかないと・・・
妻もがっかりするだろうし。

遅ればせながらの報告でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

覚えていますよ

v-22わたしもあの日の記事覚えています。
カーネーションを買いにいこう!って思ったとき、お花屋さんに行ったとき、どんな思いだったのかなユータくん。
小さな心の中に、大きな大きなお母さんがいるんだ。
本当に優しい子供さんです。
千里さんよかったね。

Re: No title

> ユータ君の優しい心遣いと奥様の想い
> 読んで泣いてしまいました。

ありがとうございます。

>
> 我が息子達にはお花など一度も貰ったことなどない私は

実は、自分も自分の母にあまりプレゼントしたことないです。
なんだか照れくさくて。

> 羨ましくもあり子が母を思う気持ちが分かって切ないです。

そうなんです。本当に切ないです。
子供はお母さんが大好きですから。



Re: 覚えていますよ

> v-22わたしもあの日の記事覚えています。

覚えてくれていてありがとうございます。

> カーネーションを買いにいこう!って思ったとき、お花屋さんに行ったとき、どんな思いだったのかなユータくん。
> 小さな心の中に、大きな大きなお母さんがいるんだ。
> 本当に優しい子供さんです。
> 千里さんよかったね。

寂しいんでしょうね。やっぱり。
でも、どうしてあげることもできないから切ないです。
他のことで負けない様にがんばります。

ジョンさんのオリジナルで

v-22千里さんと同じじゃなくていいと思うな。
ジョンさんのオリジナルで子供たちへの愛情だけで十分だと思います。
あるがままに頑張ってくださいね

Re: ジョンさんのオリジナルで

> v-22千里さんと同じじゃなくていいと思うな。

ん?同じ?
旅行のことでしょうか。
同じしたい時は同じにするし、したくないときはしない。
大丈夫ですよ。
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
1968年生まれ、男性。
1996年に結婚。
1998年長男ユータ誕生。
2002年次男ピースケ誕生。
2005年妻が乳癌発症。
2005~2009年、闘病生活。
2009年妻が38歳で他界。

東京で男3人暮らしが始まる。

大学卒業後、日本有数の大企業に就職するも、ちょっと自分の人生観と違った(?)ので2000年に退社。その後、ベンチャーや転職を繰り返す。

2008年にフリーで稼げるようになって何とか独立。後は苦労をともにした妻と人生を謳歌したい・・・・そんな夢も実現できると思っていたのに、病気だけは何ともなりませんでした。無念です。

最後の1年間は僕もフリーで時間があったし、家族一緒に色々と旅行しましたよ。幸せのひとときでした。写真は最後の沖縄旅行で妻が撮影したもの。この旅行も家族のいい思い出になりました。

さて、これからどう生きるのか?家事は?育児は?仕事は?一応、このブログに綴ってみます。どうなることやら。

では、では、いってみましょうか。

カテゴリ
全記事リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
作者にメールできます

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。